こども・未来守る 三重県当初予算約8050億円を編成

 三重県は14日、令和6年度当初予算案を発表した。一般会計は8050億8600万円(前年度比3・8%減)。一見勝之知事は新年度予算を「こども・未来まもる予算」と銘打った。19日の県議会本会議に提出する。

 当初予算は新型コロナウイルス対策費の縮小により6年ぶりに前年度比減となった。歳入は県税収入約2835億円(前年度比3・2%増)。法人税で増収を見込んだ。地方交付税は1610億円で前年(1599億円)とほぼ同額。予算案は前年度に続いての子ども支援と、人材確保・人口減少対策、防災を3本柱に重点的に配分した。

 子育て関係予算は「みえ子どもまるごと支援パッケージ」を前年度比7・8%増の106億2600万円に増額。入院医療費の補助対象を中学生まで拡大、男性の育児休暇後押しなど支援策を広げる。

 人材確保は42億4100万円で、企業の採用や従業員の学び直しなどを支援。人口減少対策は117億7100万円を計上し、県内に戻ってくる若者への奨学金返還支援制度を充実させ、移住希望者への県営住宅提供なども行う。

 防災面では避難所の空調設備設置支援や防災アプリ開発に取り組む。津波避難タワー整備の補助金も広げる。観光面では前年度比14・8%増の32億円で熊野古道世界遺産登録20周年に関する観光プロモーション、英語を併記した統一的な案内標識の設置などを進める。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする