小3の部は前田君(大同館)優勝 心技体磨き切磋琢磨 紀南柔道大会2日間にわたり白熱の試合

 牟婁地区柔道会(会長・河上敢二熊野市長)主催の第41回紀南柔道大会(松田元委員長)が17、18両日、熊野市の市営体育館で開かれた。県内外から511人がエントリーし、白熱した試合を展開した。

 17日は中学生の部と高校一般の部、18日は幼児・小学校の部が行われた。幼児・小学校の部の開会式では大会長の河上市長が関係者の尽力に感謝を述べ、選手たちを「柔道は礼に始まり礼に終わります。必ず相手の選手に敬意を込めて。今年はパリオリンピックが行われます。将来、皆さんの中から五輪選手が生まれることを期待しています」と激励した。

 三重県柔道協会の平賀秀忠会長や、来賓を代表し谷川孝栄県議が祝辞。来賓紹介に続き、地元・大道館の前田心春さんが「練習成果を発揮し、正々堂々戦うことを誓います」と力強く選手宣誓した。

 試合は団体戦から開始され、選手たちが日頃の練習成果を発揮。選手たちが気合のこもった試合を展開した。小学3年生の部では大道館の前田汰一君が見事優勝した。選手たちは大会を通じて心技体に磨きをかけていた。大会結果(敢闘賞、個人賞は熊野市・南牟婁郡関係からの出場分)は次の通り。

【団体】

 ▼小学生①育誠館(静岡県浜松市)②龍野若竹会(兵庫県たつの市)③松阪市武道館(松阪市)、三重武道館(津市)

 ▼中学生①育誠館(静岡県浜松市)②松阪市武道館(松阪市)③四日市しもの柔道クラブ(四日市市)、牟婁地区柔道会(熊野市)

 ▼高校一般①育誠館(静岡県浜松市)②大森クラブ(愛知県豊橋市)③四日市しもの柔道クラブ(四日市市)、松阪市武道館(松阪市)

 ▼敢闘賞=石田瑠夏(大道館)、荘司千代(紀宝柔道会)、産屋敷大和(相野谷柔道スポーツ少年団)、高村悠聖(尾鷲スポーツ少年団)

【個人】

 ▼幼児の部③小椋凱和(大道館)、玉置善太郎(相野谷スポーツ少年団)

 ▼小学1年③前田士道(大道館)、小林冬莉(同)

 ▼同3年①前田汰一(大道館)

 ▼中学女子③今西希実(木本中)

 ▼中学男子▽軽量級③渡邊心道(木本中)▽重量級=中瀬古大斗(矢渕中)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする