お綱かけにも大勢が 古式ゆかしく伝統行事 花の窟神社春季例大祭

 熊野市有馬町、花の窟神社(山川均宮司)で2日、盛大に春季例大祭が営まれた。県の無形文化財に指定されている「お綱かけ神事」では、大勢の参拝者の手で大しめ縄が張り替えられた。

 同神社は日本書紀に神々の母イザナミノミコトが葬られていると記される、日本最古の神社で、ご神体は熊野灘に向かってそびえる高さ約45㍍の巨岩。お綱掛けは、日本一長いと言われる約170㍍の大綱を、高さ約45㍍の岩から境内の東側に向かって張り巡らせる神事。毎年2月2日と10月2日の2回行われている、1300年の歴史を誇る伝統行事として知られる。お綱は火や土、海など同神社の主祭神・イザナミノミコトが生んだ神々を表す7本の細縄を編んで1本にまとめ、月、太陽、暗黒の神を示す3つの縄旗などを結びつけている。

 この日は地元をはじめ県内外から大勢が参拝に訪れ、午前10時からお綱かけ神事があり、お祓いを受けた白装束の氏子が、季節の花などで飾られた〝お綱〟と呼ばれる大しめ縄をご神体の頂上に引き上げ固定。この後、お綱は参拝者によって国道42号を渡って七里御浜海岸まで引っ張られ、ご神体を取り囲むようにして神社付近の支柱にかけられた。

 その後境内で営まれた神事では山川宮司が祝詞を奏上し、河上敢二市長ら来賓が玉串を奉てん。有馬小5年生の南くるみ、湊百音さんが浦安の舞を、尾谷薗香、西地薫、榎本紗衣さんが豊栄舞を奉納した。

 また、この日から同神社と熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)により調製された、結御朱印の頒布も始まり、参拝客らがありがたくいただいていた。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする