熊野市も氷点下の朝に 千枚田や赤城城跡は雪化粧

 強い寒気が流れ込んだ影響で厳しい冷え込みとなった紀南地方。24日から25日にかけてはこの地方にも雪が降り、25日朝には熊野市紀和町の丸山千枚田や赤木城跡がうっすら雪化粧となった。

 気象庁の観測によると25日朝は新宮市でこの冬最低となるマイナス0・5度、熊野市新鹿町でマイナス0・3度、尾鷲市で0・6度など、いずれも最も寒い時期を下回る気温に。山間部では御浜町尾呂志地区や熊野市紀和町などでうっすらと積雪があり、橋の上などでは凍結も見られた。

 週間予報などによるとこの冷え込みは今後緩んでいく見込みだが、最低気温は今後一週間ほど2度~5度で推移。ヒートショックや新型コロナ、インフルエンザなど体調への注意はもちろん、暖房器具など火の元への注意も必要だ。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする