マリンスポーツ満喫 親子連れらSUP等体験

 熊野市教育委員会・紀和B&G海洋センターの令和3年度「SUP(スタンドアップパドルボード)・シーカヤック体験教室」が24日、新鹿海水浴場で開かれた。親子連れらが美しい熊野ブルーの海とマリンスポーツを満喫した。

 教室は県立熊野少年自然の家、熊野マリンスポーツ推進委員会、新鹿観光協会が共催。午後1時と2時30分からの2回に分けて実施され、計20人が参加した。

 参加者はSUPとシーカヤックを交互に体験。シーカヤックではスタッフの指導でパドルの使い方を練習した後、早速、海へ。教わったとおりにパドルを漕ぎ出すと、波の上を滑るように進んだ。

 SUPもパドルの長さを自分に合わせて調節し、スタッフらの支援を受けて〝出港〟。最初は座ってSUPに乗っていた子どもたちもだんだんボードの上に立ち、まるで海上を歩いているようにしていた。

 参加者たちは海上のスポーツを体験し大満足。子どもたちは「シーカヤックのパドルが少し重かったけど、すごく速くすすんで気持ちよかった」と満面の笑顔を見せていた。

コメント

コメントする