8月11日~13日に 人の尊厳を根底に 阿田和の榎本さん 初の写真展開催

 写真家として活動する御浜町阿田和、榎本陸さん(19)の初の個展「LIFE」が8月11日(水)から13日(金)まで、熊野市文化交流センターで開かれる。「人の尊厳」をテーマに、将来への希望をいだいて今を生きる学生や、町を支えてきた人情味あふれる人たちの表情をモノクロフィルムで捉えた40点を展示する。入場無料。
 榎本さんは木本高校写真部OB。高校に入ってから写真に興味を持ち、3年時から本格的に写真家への道を志した。
 昨年、高校を卒業し大阪の大学に進学したが、コロナ禍のため授業はほとんどがリモート。実家からオンライン授業を受ける傍ら、母校の木本高校の協力を受け、美術部で制作活動に励む生徒たちの姿をカメラに収めた。
 個展には同部の生徒や、故郷に暮らす人たちの生活の一コマなど味わい深い作品を出品。榎本さんは「人の尊厳を根底に、笑顔だけでなく生活の中にある部分を含めて、個展を『LIFE』と名付けました。開催にはポスターを作成してくれた友人や撮影に協力してくれた多くの方の御協力を頂き、感謝しています。ぜひ、作品を見て頂ければ」と話した。
 展示時間は午前9時から午後6時。なお、榎本さんは11月に東京都渋谷区でも日本大学や武蔵野美術大学などのグループとの合同展も予定しているという。

コメント

コメントする