紀宝町で初の確認 東紀州4市町も7人 三重県内新型コロナ2日間で計81人が陽性

 三重県は7月31と8月1日の2日間で、県内で新たに81人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。東紀州地域でも御浜町3人、紀宝町2人、熊野市1人、尾鷲市1人の計7人が陽性となった。紀宝町では初の感染確認。県内の累計感染者数は延べ5799人。

 新たに陽性が確認されたのは7月31日発表分▽津市11人▽四日市市8人▽名張市6人▽桑名市3人▽伊賀市3人▽松阪市3人▽川越町2人▽御浜町2人▽鈴鹿市1人▽亀山市1人▽伊勢市1人▽尾鷲市1人▽熊野市1人▽県外1人―の合計44人。県外発表で紀宝町1人。1日あたりの感染者数が40人を超えたのは5月19日以来73日ぶり。

 8月1日発表分では▽四日市市14人▽名張市8人▽津市5人▽桑名市2人▽鈴鹿市2人▽菰野町1人▽松阪市1人▽伊賀市1人▽御浜町1人▽県外1人▽紀宝町1人の合計37人。

 県内の病床使用率は1日午前9時現在、確保している436床の内148床が使用されており33・9%(前日31・7%)。重症者用病床は確保している50床の内4床が使用されており8%(前日も8%)になっている。

コメント

コメントする