65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

 熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。

 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。

 市が行う集団接種の予約開始は優先接種(基礎疾患がある、高齢者施設等の従事者、60~64歳)が23日(水)午前9時から開始。それ以外は26日(土)午前9時から。予約は市のLINE公式アカウントまたは市新型コロナワクチン相談・予約コールセンター(0597・88・0567)で受け付ける。LINEは土日祝含め24時間、電話は土日祝日を除く平日の午前9時から午後4時30分。

 集団接種は7月7日からの予定。ワクチンは2回接種が必要で、予約受付は1回目接種日が対象。なお、2回目接種はファイザー社製ワクチンが原則3週間後、武田・モデルナ社製ワクチンは原則4週間後となり、1回目接種後に2回目の予約を行うことになる。現時点ではどちらのワクチンを使用するかは決まっていないという。12歳以上16歳未満は接種時期が決まり次第、接種券を発送する。

 市新型コロナワクチン接種推進チームでは「ワクチン供給について、県から今後ファイザー社製から武田・モデルナ社製に配分が変更になる可能性があるとの連絡があり、市では武田・モデルナ社製ワクチンの追加の必要性や、その場合の時期等の調整を行っています。ファイザー社と武田・モデルナ社のワクチンでは1回目接種から2回目接種までの間隔が異なることから、現在、ご案内できる集団接種の日程は7月26日の1回目接種分までとなっています。以降の予約受付はワクチン供給量とワクチン接種の進捗状況で日程等を決定しますので、今しばらくお待ち下さい。詳細が決まり次第、広報くまのなどを通じてお知らせします」と呼びかけている。

コメント

コメントする