50年来の悲願 千枚田に観光バスを 紀和矢ノ川線拡幅など要望

 熊野市紀和町の各区長らは23日、熊野建設事務所に大型観光バスが通過できるような県道熊野矢ノ川線などの道路改良を要望。「50年来の悲願」と、地域の願いを訴えた。

 要望は森下定三(丸山)、道前博英(小森)、福岡淳史(平谷)、大家悦朗(長尾)、橋詰寿人(赤木)各区長と丸山千枚田保存会の喜田俊生会長、赤木城とふるさとの会の福岡淳史会長の連名。23日は区長らを代表し福岡平谷区長、橋詰赤木区長が谷川孝栄県議、前地林市議会議員とともに熊野建設事務所を訪問。大江浩建設事務所長に要望書を手渡した。

 福岡区長らは紀和町の観光資源が脚光を浴び、周辺の道路事情も改善が図られていることから、丸山千枚田に大型観光バスが入れるような道路拡幅などの必要性を語った。

 大江所長は「危険な箇所は優先的に対応していき、少しずつでも対応していければ」などと述べた。要望内容は次の通り。

 当地域には日本の棚田百選及び日本ユネスコ協会連盟のプロジェクト未来遺産にも登録されている『丸山千枚田』、続日本百名城の国史跡『赤木城跡』、近年脚光を浴びている『クマノザクラ』、ツエノ峰からの『雲海』など、稀にみる豊富な観光資源の宝庫であり、全国からの来訪者が毎年増加の一途です。高速道路及び奥瀞道路が延伸し、この地区を取り巻く周辺の道路事情が飛躍的に改善されつつあり、正に地域創生の千載一遇の好機といえる局面を迎えようとしております。つきましては、観光振興の基盤を確立するために大型観光バスが支障なく通行できるよう、取り急ぎ下記の2箇所の改良に着手頂きたく、格別のご高配を賜りますよう切にお願い申し上げます。

 ①主要地方道熊野矢ノ川線矢ノ川地内で用地確保が可能な市有林区間約300㍍を従来の二車線に全面改良をお願いします。

 ②県道長尾板屋線の田平子峠より約400㍍下った狭隘箇所の改良をお願いします。


33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、