20台の姉弟が死亡 国道42号鬼ヶ城トンネル付近で事故

 9月29日午後9時55分ごろ、熊野市木本町の国道42号線、鬼ヶ城トンネル西口付近で、2人が乗った大型自動二輪車と、同町の自営業女性、Aさん(59)運転の軽四自動車が正面衝突。バイクに乗っていた有馬町の会社員、山田雄也さん(21)と和歌山県田辺市の看護師、山田真由香さん(22)の姉弟が全身を強く打ち、死亡した。

 熊野警察署によると、現場は鬼ヶ城トンネル西口から木本側に約30㍍。トンネルを抜けてすぐの緩やかなカーブ。バイクは尾鷲方面へ、軽四乗用車は木本方面へと進んでいた。

 山田雄也さんと山田真由香さんは病院に搬送されたが、雄也さんは約3時間、真由香さんも約5時間後に亡くなった。この事故でAさんも重傷を負ったが、命に別状はないという。バイクはどちらが運転していたかは不明。同署で事故原因などを調べている。


984回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、