20台の姉弟が死亡 国道42号鬼ヶ城トンネル付近で事故

 9月29日午後9時55分ごろ、熊野市木本町の国道42号線、鬼ヶ城トンネル西口付近で、2人が乗った大型自動二輪車と、同町の自営業女性、Aさん(59)運転の軽四自動車が正面衝突。バイクに乗っていた有馬町の会社員、山田雄也さん(21)と和歌山県田辺市の看護師、山田真由香さん(22)の姉弟が全身を強く打ち、死亡した。

 熊野警察署によると、現場は鬼ヶ城トンネル西口から木本側に約30㍍。トンネルを抜けてすぐの緩やかなカーブ。バイクは尾鷲方面へ、軽四乗用車は木本方面へと進んでいた。

 山田雄也さんと山田真由香さんは病院に搬送されたが、雄也さんは約3時間、真由香さんも約5時間後に亡くなった。この事故でAさんも重傷を負ったが、命に別状はないという。バイクはどちらが運転していたかは不明。同署で事故原因などを調べている。


444回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.