飲食店や取引業者等 30万円の支援金 三重県が申請受付を開始

 三重県は8日から、新型コロナウイルス感染拡大により深刻な影響を受けた飲食店等に30万円を支給する「三重県飲食店・取引事業者等事業継続支援金」の申請受付を開始した。申請書類が届き次第審査を開始し、早ければ4月中に支給が始まる見通し。

 同支援金は緊急警戒宣言発出等により「大人数・長時間に及ぶ飲食を避ける」などの行動自粛要請が続き、飲食店や取引事業者などを取り巻く厳しい環境が長期化する中、地域経済や事業継続を下支えする目的。

 対象となるのは飲食店と飲食店取引事業者、タクシー・自動車運転代行事業者。支給額は飲食店1店舗あたり30万円、飲食店取引事業者が1事業者あたり30万円、タクシー・自動車運転代行事業者が1事業者あたり30万円。

 主な支給要件は▽三重県内に店舗または事業所を有し、令和2年11月30日以前から事業を営んでいる▽令和2年11月30日以前に、各事業を営む上で必要な許可等を取得している▽令和2年12月、令和3年1月、令和3年2月のいずれかの月の売上が、前年同月比で50%以上減少している―こと。

 申請には▽申請要項に定める申請書(様式)、誓約書(様式)等▽営業許可証等の写し▽売上帳簿の写し▽確定申告の写し▽本人確認できる書類の写し▽通帳の写し等が必要。申請書類は事業者により異なるので注意が必要。県では「提出前に必要な書類が整っているかチェックシートで確認してください」としている。

 申請の提出方法は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から郵送のみ。3月8日(月)から4月16日(金)まで受け付ける。消印有効。


27回の閲覧0件のコメント