郷土の名産品学ぶ 五郷小1、2年生が茶摘み体験

 熊野市の五郷小学校(上林和弘校長)の1、2年生6人が7日、地域の名産であるお茶について学んだ。

 同町は昔から番茶づくりが盛ん。近年では五郷小の児童が茶摘み体験などを行っている。この日は児童らが桃崎地区にある五郷お茶クラブ(吉田和男代表)の作業場を訪れた。

 当初は最初に茶畑で茶摘み体験を行う計画だったが、雨のため予定変更。児童たちは同作業場でスタッフが用意した枝からお茶の葉を摘み取った。児童たちは同クラブの会員から優しく教わりながら、集中して茶摘み体験に励んでいた。

 この後、お茶葉の煎りや揉みの作業を見学。同クラブでは以前、全て手作業で行っていたが、2年前に機械を導入。労力の軽減や大幅な能率向上、ムラのない仕上がりなど大きな利点があったという。

 児童たちは煎り機の中でぐるぐる回るお茶葉や、回転する揉み機の作業に興味津々。しっかり見つめすぎて「目が回るー」と笑顔を見せていた。

 吉田代表は番茶と抹茶の違いなどを説明。お茶が喉の乾きを癒すだけでなく健康食品としても親しまれていることなども触れ、児童たちに「今度、学校に持っていくので、給食の時にでも飲んで」と話していた。

 見学を終え、児童たちは五郷お茶クラブの皆さんに「ありがとうございました」とお礼。元気な児童の姿に、会員らも目を細めていた。


79回の閲覧0件のコメント