農家に感謝の気持ちも 紀南高校2年生が柑橘生産学ぶ

 紀南高校の2年生が選択科目「地域産業とみかん」で、地域を学び舎に故郷の魅力を再発見している。26日は御浜町上市木の国営上市木パイロット内にあるJA大苗センターで摘蕾(てきらい)作業などを体験した。

 同校は地域と一緒に学ぶ「地域産業とみかん」と「東紀州学」の授業を導入。「地域産業とみかん」は年間約30時限を予定している。今年度の同授業は今月19日にスタート。授業を選択した2年生が地域の基盤産業である柑橘について、年間を通した生産の流れを学習した。

 26日は生徒4人が大苗センターで、蕾(つぼみ)を摘むことで植物の成長を促す摘蕾作業を体験。約50㌢に育った柑橘の苗木から花の蕾を取り除く地道な作業に汗を流した。生徒らはJAのスタッフから説明を受け、黙々と作業。サマーフレッシュやマイヤーレモンなどの苗木の説明も受けた。

 質疑応答では、柑橘農家を始めるために必要な費用など実践的なものも。御浜町役場農林水産課の瀬古勝信さんは「畑があれば、初期投資は軽トラックや草刈り機、肥料をまく機械で100万円、肥料など100万円で計200万円ぐらい。柑橘栽培に免許はいらず、やる気があれば誰でも出来ます」と、若い世代の就農に期待を寄せていた。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、