良材揃え新年スタート 熊野原木市場で初市

 熊野市飛鳥町小阪の熊野原木市場(朝尾高明理事長)で20日、初市が開かれた。スギ、ヒノキを中心に優良材が豊富に揃う中、活気に満ちた新年のスタートを切った。

 初市には地元をはじめ、三重県内や和歌山県などから1800立方㍍のスギ、ヒノキなどの木材がズラリと並べられた。例年なら遠くは高知県、島根県、大阪府、富山県からの製材業者や仲買業者らが訪れるが、今年は新型コロナウイルス感染症に伴う往来の自粛等あり、市内や三重県、和歌山県、奈良県など近隣県の業者が訪れてじっくりと品定めした。

 この日の売上高は約3600万円。目立ったものでは樹齢250年のヒノキが1立方㍍単価50万円だった。朝尾理事長は「コロナで不安のあるなかよく集まって頂いたし、木材も状況が厳しいなか頑張って良いものを出していただいた。早くコロナが終息して、建築業界に活気が戻ることを願うばかりです」と話していた。



17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、