美しい〝離れ技〟い驚嘆 体操の杉野選手が演技披露

 体操男子日本代表で、昨年の全日本選手権個人総合決勝のあん馬で優勝するなど、東京五輪を目指して活躍する杉野正尭選手(22)が18、19の両日、木本高校体操部を訪問。部員たちを指導するとともに19日には演技を披露した。

 三重県出身の杉野選手は小・中学校時代、久居体操クラブに所属しており、木高体操部の小柳勇真顧問の後輩にあたる。その縁から来訪が実現したもので、18日に熊野市入りすると早速部員たちを指導。19日にはこの地域で体操に取り組む小中学生も見学に訪れた。

 杉野さんはつり輪と平行棒で演技を披露すると、あん馬では日本一の技術を、鉄棒ではコバチなどの離れ技を披露。演技毎にポイントを伝え「毎日の練習をどんどん積み重ねていくのが上手くなる秘訣。高校時代には長時間の練習も行ったが、それだけやらなければいけないことがたくさんあった」などと、自身の経験も振り返りながらアドバイスした。

 演技後は杉野選手によるミニ講演があり「私は体操を通じて人として成長できた。改めて体操と出会って良かったと思っています。大学1年で内村選手や白井選手らと練習できるようになりましたが、トップになる選手ほど練習の量も質も違う。世界で一番になるために頑張るという姿勢を見せてもらい、改めて練習の大切さを学びました。やはり『練習は裏切らない』のです」などと日々の練習の重要性を力説。「体操は超人的な領域の技を見せ、感動を与えられるスポーツ。僕の演技を見て『感動した』『勇気をもらった』と言ってもらえるのが嬉しい」と体操の魅力を伝えた。


70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、