絵画とウッドアートが 交流センター「異色の三人展」始まる

 熊野市久生屋町の山西貞男(67)、倭貞義(73)、的場脩二さん(74)による「異色の三人展」が4日(金)から、井戸町の熊野市文化交流センターで始まった。

 元美術教諭の山西さん、大工の倭さん、画家の的場さんによるコラボレーション企画。ウッドアートは自然の木の色や木目に注目し、多種類の異なる木々をパズルのように組み合わせ一枚の作品に仕上げた物。立体感溢れる温かみある仕上がりとなる。倭さんは今回が初の展示会。

 現役大工の技術を生かし、イスや額縁などを趣味で作成してきた倭さん。近所に住む山西さんと縁あって額縁作りに取り組むなか、鍋敷きなどを制作し、山西さんが「もっと工芸品のように仕上げてみては」と持ち掛けたところ、立派なウッドアートに仕上がった。その後、好きな風景や郷土の風景をと、とんとん拍子に話と制作が進み「富士山」「丸山千枚田」「楯ヶ崎」「獅子岩」など、素晴らしい作品が次々と完成。大工ならではの技術がこめられたウッドアートを9点出展した。倭さんは「一枚一枚の木をはめ込んで、立体的になるよう制作しています。千枚田の田んぼをはめ込んでいくのは難しかった」と制作を振り返った。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、