紀宝町 相野谷川流域を清掃 環境ファースト連合会

 紀宝町の相野谷川流域に大量のごみや流木が散見され景観が損なわれていることから、環境保護に取り組む7団体で構成する環境ファースト連合会(椋野玲史会長)は25日、ボランティア清掃活動を実施。約60人が参加し、鮒田、大里の2ヵ所に分かれてごみや流木を拾い集めた。

 同会の中平敦事務局長によると、相野谷川は国の管轄河川で、年間約1億2千万円が維持費として計上されているという。しかし、多額の費用が使われているにも関わらず、現在の流域の景観は決して良いものとは言えない状況だという。事実、今回の清掃作業では放置されたままの巨大な流木や飲み物の容器など多くのごみが回収された。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、