紀宝町 支援事業の予算成立 子育て、高齢者世帯にも手厚く

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている町民に対して、紀宝町が実施する独自の支援策にかかる費用などを盛り込んだ、本年度一般会計補正予算を審議する臨時議会が13日に開かれ、可決された。  独自の支援策は、町民向けの①紀の宝商品券(一人あたり5千円の商品券)②紀宝町子育て等応援給付金(対象児童一人につき2万円)③紀宝町ひとり親家庭応援給付金(同3万円)④就学援助費の増額(通常支給額に3万円を追加)⑤特別支援教育就学奨励費の増額(同1万5千円を追加)⑥高齢者へのマスク配布(対象者1人につき10枚)⑦妊婦へのマスク配布(同10枚)⑧高齢者健康支援事業(自宅で可能な運動等の周知と運動DVDの貸し出し)―。事業者向けの⑨紀宝町新型感染症経営応援金⑩紀宝町新型コロナウイルス感染症拡大阻止支援金⑪50万円の「三重県新型コロナウイルス感染症阻止協力金」(県負担25万円、町負担25万円)―の全11事業。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.