紀宝町人権擁護委員 夏山さんに委嘱 畦越さんは退任

 紀宝町役場で13日、森雅子法務大臣から人権擁護委員に委嘱された夏山繁さんへの委嘱状伝達式と、同委員を退任した畦越進さんへの感謝状贈呈式が行われた。西田健町長は2人に賞状を手渡し、人権擁護への協力と感謝を伝えた。

 人権擁護委員とは、地域住民から人権相談を受け、問題解決の手伝いをしたり、法務局の職員と協力して人権侵害による被害者の救済をしたりして、地域住民に人権について関心を持ってもらえるような啓発活動を行う人。法務大臣から委嘱を受ける。現在、全国に約1万4000人配置されており、活動内容は主に▽人権相談に応じる▽人権侵害による被害者を救済するための活動をする▽国民一人ひとりの人権意識を高めるため、さまざまな人権啓発活動を行う―など。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.