紀南地域の児童生徒の力作 29日まで田代体育館で展示

 三重県教職員組合熊野支部(大﨑重久執行委員長)による、紀南地域の子どもたちの力作が並ぶ「第73回紀南児童生徒図画習字作品展」が28日、紀宝町大里の田代体育館で始まった。熊野市南牟婁郡の小中学校、東紀州くろしお学園の児童生徒が学校生活で手掛けた絵画約800点、習字約600点を展示。初日から会場には大勢の親子連れらが訪れ、作品を観賞していた。

 同支部は、小学生の作品を▽色を工夫して表している▽心を込めて描かれている▽あたたかさ、優しさが伝わる―、また中学生の作品を▽豊かな色彩、楽しい図画構成、ものに迫る材質感や量感など確かな描写力で表現されている▽誠実な仕事ぶりがうかがえる―と評価した。

 作品展は29日(日)までで、28日は午後7時、29日は午前10時から午後3時まで。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.