空を泳いでるみたい 新鹿小中児童がVRを体験

 熊野市の新鹿小中学校で21日、VR(ヴァーチャルリアリティ)を体験する授業が行われた。小学校5、6年生4人が教室にいながら、市内の美しい風景を楽しみ魅力を再確認した。

 VRは「仮想現実」と訳される最先端のメディア機器。市では市内の観光地や自然風景を専用カメラで撮影し、ゴーグルなどのVR視聴用機器を使用することで、360度自分が向いた方向の景色が見えるVR動画を22種類作成している。現在、JR熊野市駅前の観光案内所でVR体験が出来る。

 先日開催された校長会でVR動画の授業への活用等の提案があり、新鹿小中学校が早速手を上げた。同校では総合的な学習の時間を利用し、VRに触れる体験をつうじて地域の良さや魅力を知ったり再確認したりし、郷土への誇り、愛着が持てる児童の育成を目的にVR動画体験授業を実施した。

 授業では4台のゴーグルなどVR機器を使用。児童らは専用のゴーグルを掛け、市内名所への擬似旅行へとでかけた。はじめに、2月に訪れる予定の楯ヶ崎の動画を視聴。ドローンで上空から撮影された動画で、ゴーグルを掛けた児童はまるで海の上を飛んでいるかのような感覚に。「すごい。空を泳いでいるみたい」と大興奮だった。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、