空からの消火活動も 五郷町の山頂付近で火災

 6日午前11時10分頃、熊野市五郷町湯谷地内、みかさ山の山頂付近で火災が発生。約1400㍍を焼いたが人的被害はなかった。

 現場となった山の所有者は三重くまの森林組合。委託を受けた業者が複数人で斜面の草刈りを行っていたところ、下草から出火して燃え広がったという。

 現場は山頂付近とあって、熊野市消防本部の職員や地元消防団員らは急こう配を1時間弱かけて徒歩で上り延焼を警戒。和歌山県の防災ヘリによる空からの消火活動が終わった後は、職員や団員らがリュックにシェルターを背負って現場と水場を何度も往復して水を運び、手作業散水で鎮圧。午後5時20分頃鎮火した。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.