県建設業協会熊野支部 災害対応訓練を実施 役割分担して土のう形成

 一般社団法人三重県建設業協会は4、5の両日、国土交通省三重河川国道事務所の協力を受け、第6回災害対応訓練を実施。このうち熊野支部(井本伊織支部長)は、4日に情報伝達訓練、「津波防災の日」である5日は御浜町阿田和のユウテック㈱資材センターで土のう積み工による浸水地解消訓練に取り組んだ。

 近い将来の発生が危惧される南海トラフ巨大地震や、毎年のように襲来する台風、頻発する集中豪雨などの災害が発生した場合に、県建設業協会の持てる機動力・組織力を遺憾なく発揮できるような体制づくりが目的。熊野支部での4日の訓練では、協会員が利用できるシステムを使い、パトロールを行って得た道路情報や住民の安否情報などを地図に書き込んでいった。5日の訓練では、熊野支部のほか11支部が7会場に分かれて実施。熊野支部からは同支部所属の25社から30人が参加し、上市木、下市木地区で河川氾濫が発生したことを想定し、協力して水を防ぐ土のう作りに取り組んだ。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、