県南部へ修学旅行を 小中高等に補助金創設

 三重県は23日、東紀州地域など県南部への修学旅行や遠足を行う県内の小中学校や高校、事業者に対する費用支援の補助金を発表した。自然や文化体験を通じた学びの場確保と、観光産業支援を狙う。

 新型コロナウイルス感染症を契機に、豊かな自然等の価値が見直される中、南部地域の豊かな自然を活かし事業者等が連携して行う自然体験イベントや教育旅行を支援する目的。同日、鈴木英敬知事がぶら下がり会見で明らかにした。今年度補正予算(第5号)に関係予算が盛り込まれ、可決されれば実施される。

 設けられる補助金は「南部地域自然体験促進事業費補助金」及び「南部地域体験教育旅行促進事業費補助金」。対象となるのは県南部の伊勢、鳥羽、志摩、尾鷲、熊野市、大台、玉城、度会、大紀、南伊勢、紀北、御浜、紀宝町。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.