町民の不安解消に 紀宝 相野谷診療でPCR検査

 紀宝町は16日から、町立相野谷診療所で自費による新型コロナウイルスのPCR検査等を開始した。令和3年1月2日に予定している成人式を前に、新成人は検査費用の一部補助も行う。

 相野谷診療所でのPCR検査は町民の不安を少しでも軽減しようと実施。発熱等の症状がある人への対応とは別に、新型コロナウイルスに不安を抱く相当の理由がある人に対し、町独自の対応として検査等を行う。

 対象は帰省を含む町内在住者または町内に職場がある人。相当の理由の例は▽仕事などで感染者多発地域等に滞在した▽仕事などで紀宝町に滞在する―など、電話による聞き取りにより、相野谷診療所が判断する。検査は唾液によるPCR検査で、費用は2万円。

 一日に対応できる人数に限りがあるため、事前連絡が必要。すぐに検査できない場合があり、今後の感染状況や発熱患者数などにより変更する場合がある。

 成人式を予定している新成人については任意で検査を行い、費用の半額1万円を補助する。町から対象者139人に郵送される検査容器に唾液1ミリ㍑以上を採取し、申請書を返信用封筒に入れ、相野谷診療所まで郵送する形式。提出期限は24日(木)まで。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、