男女ともに東海大会へ 御浜中県予選会で好成績


 全国、東海大会への出場権を争う「三重県知事杯第22回全国中学選抜卓球大会」の三重県予選会が13日に津市の屋内スポーツ施設・サオリーナであり、御浜町立御浜中学校卓球部が出場。女子が団体2位、男子は団体3位の好成績を残し、ともに来年2月27日に岐阜県多治見市で行われる東海大会への出場権を手にした。

 女子は29校、男子は33校が参加してのトーナメント戦。優勝校は全国と東海大会への出場権が与えられ、2~6位までは東海大会に出場できる。大会ではダブルスはなく全てシングルスで争う形式。御浜中は男女ともにトーナメントを勝ち上がり、上位4校による決勝リーグに進出。決勝リーグは3勝先取で勝敗を決めるルールで行われた。女子は鼓ヶ浦、四日市南を3―1で下したが、優勝校の一志に0―3で敗れた。男子は西橋内を3―1で下したが、朝陽と久保にそれぞれ1―3で敗れた。昨年、女子は4位、男子は5位でともに東海大会進出を決めていたが、コロナのため大会自体が中止に。そのため、女子は2年ぶり、男子は3年ぶりの東海大会行きとなった。


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、