熊野RC 新会長に片岡さん(花由)初例会でバッジ交換

 熊野ロータリークラブは2日、熊野市井戸町の新宮信用金庫熊野支店で新年度初例会を開き、片岡博也新会長(花由、47歳)のもと、一層の奉仕の誓いを新たにした。

 初例会には会員ら約30人が出席。糸川佳男直前会長から片岡新会長に会長バッジの引き継ぎが行われた。

 片岡新会長は2002年にロータリークラブに入会。就任にあたり「本年度のRIテーマは『ロータリーは機会の扉を開く』であります。これは会員が例会、奉仕活動など色々な場面で様々な行動をする機会があり、その扉を開くことがロータリーの役割であり、会員個々の向上に繋がると私は理解しております。さらなる充実した例会の運営、地域社会に役立つ奉仕活動などについて考え、より良いものに出来るよう努力したい」と決意した。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.