熊野市観光協会が総会


 熊野市観光協会(中平孝之会長)は21日、市文化交流センターで定期総会を開いた。新型コロナウイルスの影響で熊野大花火大会が中止となるなか、クマノザクラを活用した観光誘客など、コロナ終息後を見据えた取り組みなどについて確認した。

 総会には来賓の河上敢二市長をはじめ、会員ら約20人が出席した。中平会長は「新型コロナが瞬く間に全世界へ広がり、わが熊野市でも300数十年の伝統を誇る熊野大花火大会を中止しなければならない事態になり、本当に悔しい限りで地元経済への影響はかなり大きいと認識する。地元観光業は大きな打撃を受けており、物が売れず、お客も来ないと聞いている。今後はコロナが終息した時のことを考えるべきで、行政とスクラムを組んで観光の更なる邁進を図るためお力をお借りできれば。例年取り組んでいるインバウンドではなく、今年重要視するのはクマノザクラを使った地域おこしで、特産品の開発や自生地の調査結果をマップにするうえ、宿泊客を増やせるよう土産物や料理なども提案していく。3密ではなく、熊野は外で観光していただくということで体験観光の推進も図るなど、終息後に向け、他にはない熊野のPRを行っていくのでお力を」と語った。






3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、