熊野市は4月12日の週 コロナワクチン来月中に県内市町へ

 三重県は11日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者向けの県内配分スケジュールを発表した。4月に県内全市町に配分され、東紀州地域では熊野市が4月12日の週、尾鷲市と紀北町が4月19日の週、御浜町と紀宝町が4月26日の週となっている。

 県では4月は高齢者の人口が多い順に配分していく方針。一番早いのは4月5日の週の津市と四日市市。両市では12日から接種が始まる見通し。

 各市町に届くワクチンは4月19日の週までは高齢者の人口順で1箱ずつ(約千回分相当)。26日の週は全29市町に1箱ずつ配分され、合計約5万回分の予定。県内の接種対象となっている高齢者は約52万人。接種は一人につき2回を想定しており、4月分のワクチンで接種できるのは2万5千人程度にとどまる。

 県では5月以降は全市町に2箱ずつ行き渡るように配分し、3箱目からは高齢者人口に占めるワクチン配分量が少ない市町を優先する考え。5月の搬送予定については、現在の所、国から具体的な回答がないという。県内の市町への配分スケジュールは表の通り。

9回の閲覧0件のコメント