熊野川河口大橋の記念碑完成 関係者一同で記念式典

 「一般国道42号新宮紀宝道路」の一部で、世界遺産・熊野川をまたいで紀宝町と新宮市をむすぶ熊野川河口大橋の記念碑除幕式が5日、紀宝町鵜殿の生涯学習センターまなびの郷であった。主催者である紀宝町の西田健町長をはじめ、来賓の田岡実千年新宮市長、鈴木英敬知事、自由民主党の二階俊博幹事長、地元議員ら約40人が出席。道路完成の目処がたったことにより、烏止野神社そばの熊野川河口部に設置された記念碑の完成を祝い、機運を高めた。


63回の閲覧0件のコメント