熊野商工会議所 通常議員総会 西村さんら優良従業員表彰

 熊野商工会議所(榎本正一会頭)は24日、井戸町の熊野市文化交流センターで通常議員総会を開き、昨年度の収支決算などを承認。今年度の優良従業員表彰を受けた西村学さん(熊野精工)ら7人を紹介した。

 開会のあいさつでは榎本会頭が「新型コロナウイルス感染症に関しては市内経済活動の状況を非常に心配しているところ。3月下旬から4月上旬にかけてアンケートを実施しましたが、その後の現状は更に悪化しており、県、市に対して第2弾、第3弾の支援を要望しています。今回、市民1人1万円のレインボー商品券の支給に続き、第2弾として40%プレミアムレインボー商品券が総額6億2300万円発行される。第1弾と合わせて、約7億8千万円が市内で消費されることになります。販売時期等の詳しい事は、まだ決まっていませんが、発行総額が全て消費に回るように、安心して買い物ができるお店、安心して食事が出来る飲食店のアピールなど、事業者の皆さんの取り組みもお願いいたします」などと呼びかけた。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、