熊野古道センター 対策施し再開 2つの企画展実施中

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため4月11日から休館していた尾鷲市の熊野古道センターが、19日から開館した。  当面の間は特定警戒都道府県(北海道、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県)からの来訪や高熱等自覚症状がある人の入館を断るほか▽入館時のマスク着用▽アルコールによる手指の消毒▽入館表への記入▽人と人との十分な間隔をとる▽検索画面等触れる展示物の一部利用制限―といった対策を実施。当面の間は会議室や体験学習室、和室の貸館を中止し、3密(密閉、密集、密接)が考えられる講演会、会議、イベント等の貸館についても利用を中止する。  現在、世界遺産を描く画家として活動している松田光一さんによる企画展「世界の輝きを描く旅」を開催中。キャンパスへ抽象的に描いたカラフルな作品が、見る人の心をも華やかに彩っている。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.