熊野古道センター企画展「標本が奏でる熊野のいきもの」

 尾鷲市の熊野古道センターで6月27日から、企画展「標本が奏でる熊野のいきもの」がスタート。貝類や昆虫、植物、動物、化石など熊野地方でみられる「いきもの」がズラリと並び、興味を引く内容となっている。

 今回の企画展では、東紀州地域の海・山・川などの自然環境に生息する哺乳類、昆虫、植物、貝類などにスポットをあて、それらの標本を展示。地域の生態系を知り、生物の分類について学ぶことができる内容としたことに加え、かつて海底だった地層から発掘した化石を紹介し、地域の地質と太古の生物についても学べる内容となっている。

 ツキノワグマのはく製が迎える会場入り口を入ると、まずは色鮮やかな貝類がズラリ。クワガタやチョウ、トンボなどの昆虫が標本で並べられ、赤とんぼを見分けるポイントなどもパネルで解説している。

 また、イノシシ、タヌキ、ホンドテン、ホンドギツネ、ムササビといった哺乳類のはく製を展示。植物では葉の標本や材鑑標本、大型シダの標本に加えて尾鷲ヒノキや引作の大楠、トガサワラなども展示した。


5回の閲覧
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.