熊野古道センター企画展「標本が奏でる熊野のいきもの」

 尾鷲市の熊野古道センターで6月27日から、企画展「標本が奏でる熊野のいきもの」がスタート。貝類や昆虫、植物、動物、化石など熊野地方でみられる「いきもの」がズラリと並び、興味を引く内容となっている。

 今回の企画展では、東紀州地域の海・山・川などの自然環境に生息する哺乳類、昆虫、植物、貝類などにスポットをあて、それらの標本を展示。地域の生態系を知り、生物の分類について学ぶことができる内容としたことに加え、かつて海底だった地層から発掘した化石を紹介し、地域の地質と太古の生物についても学べる内容となっている。

 ツキノワグマのはく製が迎える会場入り口を入ると、まずは色鮮やかな貝類がズラリ。クワガタやチョウ、トンボなどの昆虫が標本で並べられ、赤とんぼを見分けるポイントなどもパネルで解説している。

 また、イノシシ、タヌキ、ホンドテン、ホンドギツネ、ムササビといった哺乳類のはく製を展示。植物では葉の標本や材鑑標本、大型シダの標本に加えて尾鷲ヒノキや引作の大楠、トガサワラなども展示した。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、