熊野ゆかりのプロ誕生 日本棋院関西総本部の本田さん(元金山小)

 三重県出身で熊野市教育委員会主催の「こども囲碁教室」に参加していた本田真理子さん(16)が、日本棋院関西総本部のプロ棋士になった。7月4日(土)午後1時30分から、市文化交流センターで「本田真理子新初段のお祝い会」が催される。

 本田さんは保育園のときから囲碁を始めた。市の子ども教室で碁を覚え、金山小学校へ通いながら、くまのこども囲碁普及会(川邊展央代表)などで仲間たちと碁への興味を深めていった。覚えてから1年ほどでアマチュア3級の実力をつけ、小学1年生の時には「第1回こども棋聖戦」三重県予選の低学年クラスで優勝するなど、早くから頭角を現した。

 転校してからも碁を続け、プロを目指して日本棋院関西総本部の院生として研鑽を積んだ。その成果が実を結び、今年2月19日に日本棋院関西総本部の3人の新入段者の1人に選ばれ、プロ棋士としての一歩を踏み出した。

写真【熊野市で囲碁を学ぶ子どもたちと碁を楽しむ本田さん(左手前)】


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、