熊野の魅力世界に発信〝しゃべくろらい〟熊野サミット31日にオンライン開催

 熊野地域で行われている活動を世界中に発信しようと、熊野サミット2020「第2回しゃべくろらい」が31日(土)午後7時から、オンライン開催される。同地域で活動する個人や団体が「やっていること」「やりたいこと」「いいたいこと」を発表する。主催は熊野商工会議所青年部、三重大学東紀州サテライト共催。

 同サミットは熊野地域で活動する様々な大学や学生団体の連携や情報共有などを図ろうと、2016年に初めて開催された。毎回テーマを定め、昨年は「しゃべくろらい」と題し、熊野地域で様々な活動を展開する人たちや大学生らが活動発表した。今年は新型コロナウイルスの影響で中止も検討したが「第2回しゃべくろらい」をオンラインで実施する。

 オンラインWeb会議ツール「Zoom」を利用。発表者が「しゃべくろらー」となって熱い思いを語る。ウィーンからの発表者など現在、11の個人、団体が「しゃべくろらー」として登場する予定という。

 21日、熊野市役所記者室で実行委員会の野地伸卓実行委員長(熊野商工会議所青年部会長)、畑井将義、田畑麻子、濱地利佳、清水泰志さんが記者会見。「オンラインの強みを逆手に取って活かし、熊野以外の人にも参加しやすい環境にしました。熊野で頑張って輝いている人たちがいるということと、いろんな大学がこの地域の魅力を発信できるか考えてくれていることを知り、熊野に興味を持ったり移住したいなと思ってくれる人が増えてくれれば。熊野地域の人も僕も頑張ってみようとか、足踏みしていたことを踏み出すきっかけになれば良いなと思っています」と話した。


32回の閲覧
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.