熊野の野球振興にも貢献 バンクーバー朝日 嶋正一さんの顕彰パネル

 カナダで伝説となっている日系人野球チーム「バンクーバー朝日」の初代選手の一人、熊野市木本町の嶋正一さん(1897~1975年)を顕彰するパネルが4月30日、熊野市に寄贈された。市では今後、有馬町のくまのスタジアムにパネルを展示し、地元野球ブームの先駆けとなった嶋さんをPRする。

 熊野市の嶋家の長男として生まれた嶋正一さんは1912年、家族でカナダのバンクーバーに渡航。2年後の1914年に創設されたばかりのバンクーバー朝日の初代選手に選ばれ活躍した。1925年に帰国、故郷熊野市へ戻り、野球への情熱から木本巨人軍を創設した。

 バンクーバー朝日は2003年、創設から約90年を経てカナダ野球殿堂入り。BC州スポーツ殿堂入り顕彰メダルが嶋さんに授与された。バンクーバー朝日は映画化もされている。

 4月30日は嶋さんの長男で木本町の嶋正文さん(89)と娘の千尋さんが熊野市役所を訪問。嶋家が作製した顕彰パネルを倉本勝也教育長に手渡した。

 倉本教育長は「この地の野球振興にも功績があった方」と正一さんを讃えた。寄贈を受けた顕彰パネルをくまのスタジアムに飾ることを語った。

 正文さんは顕彰メダルなども手に正一さんのことを思い出しながら「親父のことを多くの人に知ってもらえれば」と話していた。


23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市内新たに2人 本紙調べ新型コロナウイルス

熊野市内で11日、新たに40代男性2人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったことが分かった。 2人は熊野市内で発生したクラスター(集団者感染)関係の濃厚接触者もしくは接触者として検査を受け、陽性が判明した。12日午前10時現在、本紙が確認できた分では県外に戻った市出身者を含め、5月9日以降、熊野市12人、御浜町1人の計13人が陽性となっている。

令和5年の県議選から適用 東紀州は合区し定数3

三重県議会は11日の本会議で、県議会議員選挙から議員定数51を48に削減する条例改正案を可決した。令和5年に予定されている次期県議会議員選挙からは、熊野市・南牟婁郡選挙区(定数2)と尾鷲市・北牟婁郡選挙区(同)が東紀州選挙区として合区され、定数3となる。 同改正案は▽伊勢市(定数4)と鳥羽市(同1)を合区して定数4に▽熊野市・南牟婁郡選挙区と尾鷲市・北牟婁郡選挙区を合区して定数3に▽伊賀市選挙区(