濃厚接触者の検査進む 新型コロナ御浜町関連の2人

 三重県は29日午後、御浜町と尾鷲市で新型コロナウイルス感染患者が発生したと発表した。御浜町関係では県内83例目の10代のアルバイト男性と、県内84例目の同町出身で愛知県在住の10代男性会社員が陽性となった。二人は友人で、一緒に名古屋市内で買い物などをしていた。尾鷲市では、50代自営業男性が感染した。現在、県では御浜町に関係する2人の新型コロナウイルス感染患者の濃厚接触者などの検査を進めている。

 御浜町関係の10代アルバイト男性と10代会社員男性は今月18日に共通の友人Aと名古屋市内で買い物や食事などを行い、名古屋市内の友人B宅に宿泊した。

 その後、10代のアルバイト男性は19日に友人Aと御浜町へ帰った。20~23日と25日に出勤。26日は84例目と一緒に県内に友人Aを迎えに行き、御浜町へと戻った。21日に38・3度の発熱や倦怠感、下痢の症状があった。22~24日にかけても症状が続き、27日に帰国者・接触者センターに相談。28日に検査の結果、陽性反応が出た。現在の症状は味覚障害と倦怠感で、県内の医療機関に入院している。

 移動はすべて自家用車を利用しており、公共交通機関の利用はなし。日頃からマスクを着用していたという。現在特定されている濃厚接触者は同居家族3人、友人1人、職場同僚9人。男性が勤務していた熊野市の飲食チェーン店「すき家」は現在、従業員にコロナウイルス感染者が出たことを告げる張り紙をして、臨時休業している。

 一方、10代会社員男性は18日に友人B宅に宿泊した後、20~23日は在宅勤務。24日は在宅勤務終了後に御浜町に帰省し、友人C、D、Eと食事。親族宅に宿泊した。25日は県外の美容室を利用。26日は近所で買い物をした後、83例目の10代アルバイト男性と共に県内の友人Aを迎えに行き、御浜町へと戻った。

 10代会社員男性は22日に37度台の発熱や咳、咽頭痛、全身倦怠感があったが、23日に解熱。26日には症状がなくなった。27日に帰国者・接触者相談センターに相談し、28日に陽性判明。現在も症状はなく、県内医療機関に入院している。

 20~23日は勤務終了後外出していない。24日の帰省の際は公共交通機関を利用。外出時はマスクを着用していたという。10代会社員男性の濃厚接触者は現時点で家族4人、親族2人、友人4人。

 また、尾鷲市でも50代自営業男性が28日に陽性となった。男性は県内61例目の50代女性の夫。22日に濃厚接触者として検査を受け、一度は陰性だった。しかし27日になって38度の発熱や腰痛があり、28日に再び検査した結果、陽性となった。

 現在は県内の医療機関に入院しており、症状は発熱や腰痛、喉の違和感など軽症~中等症。健康観察期間中だったため、外出や人との接触はなかった。

302回の閲覧
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.