河上市長臨時会見 第2弾の支援策を明かす

 熊野市の河上敢二熊野市長が11日、井戸町の市文化交流センターで臨時記者会見を実施。新型コロナウイルス感染症対策にかかる支援策第2弾として、3億1228万9000円(うち一般財源2億7145万7000円)を追加する補正予算案について明らかにした。補正予算案は12日の熊野市議会に追加提案した。

 河上市長の説明によると主なところでは、落ち込んだ市内経済の再生・回復を図るべく40%のプレミアム付き商品券を販売。生活者と事業者双方の支援を目的とするもので、市の単独事業として実施する。購入は市内の全ての世帯を対象とし、限度額は5万円と設定。今後、熊野市商店連合会と連携しながら購入の方策や販売時期などについて煮詰めていく。河上市長は「恩恵を幅広く受けていただくために市商連加入の呼びかけも行っていく。事業者の恩恵、市民の利便性向上にもつながると考えており、準備期間を経て販売につなげたい」とした。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.