河上市長と鈴木知事が対談 広域的集客への方策を確認

 熊野市の河上敢二市長と鈴木英敬知事による1対1対談が2日、熊野市文化交流センターであった。①市町の行政運営における技術者不足問題への支援②集客の広域化―の2点をテーマに、提案や要望、意見交換が行われた。開始の挨拶で鈴木知事は、コロナへの対策や必要な医療を整備することを強調したほか、東日本大震災から10年を経過したことにふれ、さらなる国土強靭化など対応をとっていきたいとした。

 熊野市では将来的にアコヤ貝の試験的養殖などを計画しており、他市へ指導を受けに行っているが、河上市長は専門的な知識を持った職員がいないため苦労していると現状を説明。専門家不足が行政運用していく上で難しい問題となることを不安視した。これに対して、鈴木知事は県や尾鷲の水産研究所とより強固に連携し、しっかりとサポートしていきたいと述べた。

 国が示す地方公共団体の情報システム標準化について、河上市長は三重県が主導権をとって各市町が共通のものを使用するよう推進してほしいなどと求めた。鈴木知事は都道府県の役割は①専門性②広域性③補完性④先進性―があるとし、4月から県庁に知事直轄で三重県版デジタル庁と言える「デジタル社会推進局」を設置すると紹介。様々な意見も聞きながら、具体的に策を示していきたいと応じた。

 「熊野市は観光のまち」と強調する河上市長は、スポーツや観光を通じた広域的な集客に必要な方策を提案。ソフトボールを例に、全国大会のような大規模のイベントを開催すると宿泊する人が熊野市だけでなく周辺市町にも及ぶという実績を示し、いろいろな種目を周辺市町でも開催することで、同様に集客が広域化するのではないかと波及効果に期待。鈴木知事は9月25日から始まる予定の三重とこわか国体、とこわか大会に言及し、終了後にも各市町に遺産が残る(三重県への今後の集客が期待できる)ようなイベントにしなければならないと話した。また、コロナ禍のなか、現状では世界中から人を呼んでくるのは難しいとする一方、マイクロツーリズムの推進も変わらず続けていくと述べた。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、