正平館・御浜中出身 和田選手が県代表に 三重県予選で堂々優勝


 第68回全日本剣道選手権大会の三重県予選が14日、亀山市西野公園体育館で開かれ、紀南支部の和田優人(21歳、大阪体育大学)が見事優勝した。

 和田選手は御浜町出身。正平館道場で剣道をはじめ、御浜中、皇學館高校へと進学。現在は大阪体育大学の3回生。

 平成27年3月には第37回全国スポーツ少年団剣道交流大会・中学生個人の部で日本一に輝いた。皇學館高校でも平成28年度三重県高校剣道新人大会・男子個人の部で見事優勝するなど、立派な成績を残している。

 大学に進んでからも研鑽を積み、今大会では23人の猛者を相手に激戦を勝ち抜き、堂々の優勝。3月14日に長野県のホワイトリング長野市真島総合スポーツアリーナで開催される第68回全日本剣道選手権大会への出場を決めた。

 紀南剣道連盟や正平館道場関係者らも、和田選手の本戦での活躍やさらなる成長に期待を寄せている。


17回の閲覧0件のコメント
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.