桂ざこばさんも出演 12月第2回寄ってみ亭

 熊野市文化支援委員会(林伸行会長)は12月20日(日)午後2時半から、井戸町の文化交流センターで熊野駅前寄ってみ亭第2回公演「米朝一門特選落語会」を開催する。

 米朝一門は上方落語の復興に尽力した三代目桂米朝を師と仰ぐ落語家の一派。今回は上方落語界の大御所である桂ざこばさんをはじめ、桂ちょうばさん、桂そうばさんの3人が特選落語を披露する。また、司会はお馴染みの幸助・福助さんが担当し、2人による漫才も行われる。

 料金は全席自由で2000円、高校生以下500円。同センターほか熊野市民会館、紀和B&G海洋センターで販売している。「公演は新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿って開催いたしますので、ご了承ください。多数ご来場頂き、普段なかなか目にする機会の無い本場の上方落語をお楽しみ下さい」とPRしている。問い合わせは文化交流センター(0597・89・3686)まで。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.