来月から 熊野辛いものフェア 開催

 激辛で知られる唐辛子「ハラペーニョ」「プリッキーヌ」を使って、市内の飲食店が創作料理を作る「第8回熊野辛いものフェア」が8月10日(月)から10月31日(土)まで開催される。

 同フェアは市内の飲食店活性化を目的に、夏季と冬季の2回にわたって開催している。今回は20店舗が24品目を創作。麺類やカレー、一品料理、定食、サラダまで様々で、各店舗が趣向を凝らした料理は、辛さの中にも美味さが広がる絶品揃いとなっている。

 熊野市農業振興課では「今回もスタンプラリーを実施し、応募者の中から抽選で5000円相当の熊野市特産品セットをプレゼントしますので、ご応募ください。この機会にぜひお店に足を運び、各店が趣向を凝らした旨辛料理を多くの方々に味わって頂ければ」とPRしている。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.