期限切れワクチンの経緯 紀南病院組合協議会で説明

 紀南病院組合組合議会の全員協議会が9日に開かれ、有効期限切れのMRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)接種や、紹介状なし受診時の定額負担、新型コロナウイルスへの対応に関する説明があった。

 3月の組合議会で、議員側から一般質問や全員協議会の実施、定例会を年2回から3回に増やすことなどを盛り込んだ2つの発議①会議規則の全部を改正する規則案②定例会の回数を増やす条例改正会議規則の全部を改正する規則案が可決されており、今回が初の全員協議会となった。

 6月26日に発表があった、MRワクチン接種については、御浜町と紀宝町から委託を受け実施している市町予防接種事業で、4月22日から5月20日までに御浜町で3人、紀宝町で3人の合計6人に有効期限が4月10日までだったワクチンを接種していたことが発覚したもの。被接種者の体調確認を行った予防接種後の症状として認められることがある発熱のあった被接種者もいたが、大きな体調変化は無かったという。

 原因は、ワクチンの管理体制の不備や接種時の確認が不十分だったことが考えられているという。病院は保護者に事情を説明して謝罪し、被接種者の体調確認。各町の担当者からも面会し謝罪。今後の防止策として、ワクチンの保管・管理体制や接種する際の運用や手順等の見直しを実施。また、病院職員に注意喚起し、再発防止の徹底を図る。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.