書で熊野大花火表現 小径会16日まで「おもてなし館」

 熊野市の書道教室「小径会(こみちかい)」(山本春径代表)の作品展が2日から、木本町本町通りの「熊野古道おもてなし館」で始まった。熊野大花火大会をイメージした作品の数々が来場者を楽しませている。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、熊野大花火大会が戦後初の中止に。そこで、同会では教室の子どもたちと一緒に、思いを込めた「書」による熊野大花火を打ち上げようと、作品展を企画した。

 展示会場には花火をイメージした台紙に「熊野大花火」や「三尺玉」「ドカーン」「海上自爆」など大会を連想させる言葉や、花火の種類の「牡丹」「紅ホタル」などを記し、彩色も華やか。花火の名前は和田煙火店から教えてもらったという。

 また、同店の協力で花火玉も展示。「医療従事者の方にエールと感謝を」「やさしい心をもって」「コロナに負けるな!悪病退散」「日本中の花火師さんありがとう」などのメッセージも飾られている。

 山本代表は「熊野花火は日本一」と題し花火師への感謝や一日も早く穏やかな日々が戻ることなどを願い「きっと来年は素晴らしい日本一の花火が熊野の夜空に広がることでしょう」と綴った。

 展示は16日(日)まで。会場は月曜休館。小径会では「書による熊野大花火をぜひ、ご覧頂ければ」と話している。出品者は次の皆さん。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.