新型コロナウイルス 熊野市でクラスターか 3日に市内でバーベキュー

 ゴールデンウィークの5月3日に熊野市内の自宅庭でバーベキューをしていた若者グループらの中から、新型コロナウイルス感染症の陽性者が出たことが分かった。10日午前10時現在、濃厚接触者や接触者も含め8人が陽性になっており、クラスター(集団者感染)の可能性が濃厚となっている。

 バーベキューをしていたのは帰省者を含む20代男女8人。その内1人は御浜町の20代女性会社員で、9日に県から陽性の発表があった。バーベキューをしていたグループの中からは10日午前10時現在、県外に戻った人を含め計5人の陽性が確認されている。

 また、このバーベキューに関連し、家族など数十人が濃厚接触者や接触者として熊野保健所でPCR検査を受けている。10日午前10時現在、新たに50代女性、40代男性、40代女性の陽性が確認された。現時点では重症者は出ていないという。

 熊野市内では根も葉もないデマが飛び交っている状態。県などでは不確かな情報にまどわされず「偏見・差別につながる行為は絶対に行わないよう、重ねてお願い申し上げます」と呼びかけている。

3,791回の閲覧0件のコメント