文化交流センター コレラ封じの御守り絵「姫魚」展示

 熊野市井戸町の市文化交流センター(平昭三センター長)で28日から、幕末に描かれたと思われるコレラ封じの御守り絵「姫魚」の展示が始まった。展示ケースには「新型コロナ退散」の文字も踊り、古来の疫病封じを新型コロナウイルスの撃退につなげる。

 5月14日付本紙に掲載した、熊野古文書同好会の向井弘晏さん(大泊町)が姫魚を紹介した「コレラ封じの御守りの絵」を読んだ平センター長が、向井さんに実物の展示を打診。育生町粉所地区の歴史を綴った「粉所文書」から実物を展示したもの。隣には兵庫県西宮市の廣田神社で販売されているアマビエの絵図も並べた。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、