御浜町消防団 退団の4人に感謝状

 御浜町は19日、昨年度をもって同町消防団を退団した、元阿田和分団長の宇井利太さん(勤続37年)、元市木分団部長の西洋一さん(勤続27年)、元阿田和分団班長の産屋敷健一さん(勤続17年4ヵ月)、元尾呂志分団の西村次郎さん(勤続12年)に対して感謝状を贈った。

 同日、役場で行われた授与式には、宇井、西、産屋敷さんが出席。大畑覚町長から感謝状を受け取り、ねぎらいの言葉を受けた。

 これまでの消防団活動を振り返り、宇井さんは平成9年1月に寺谷総合公園周辺で起こった山林火災(※)を挙げ、「山火事は消えたと思ってもまた火が出てくる。水利の確保にも苦労した」と回想。また、今後の消防団を担う若手には「高齢化も進み、行方不明事案も発生している。これからは火災よりも人探しの方が多くなるかもしれないので、そちらにも力を入れていただきたい」とエールを送った。

 大畑町長は「火災はもちろん、行方不明者の捜索にも多大に協力いただいた。長きにわたるご尽力、まことにありがとうございます」と賛辞を送った。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、