御浜町一人、熊野市一人 東紀州の新型コロナウイルス陽性発表(14日) 

 三重県は14日、御浜町の29代自営業女性、熊野市の60代自営業女性を含め、県内で新たに51人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。

 御浜町の20代自営業女性は12日に37度台の発熱、咳、鼻汁・鼻閉、咽頭痛、頭痛の症状があり、13日に検査し陽性が判明した。現在の症状は軽症~中等症。熊野市で発生した食事会クラスター(集団者感染)で陽性になった熊野市の20代会社員女性と5日に食事していた。行動歴はなし。14日時点の濃厚接触者は同居家族1人。

 熊野市の60代自営業女性は10日に37度台の発熱、咳、全身倦怠感の症状が出た。13日に検体採取し陽性が判明。行動歴等は出勤で、今月8、9日に県内施設であった研修に参加した。14日時点の濃厚接触者は職場関係6人、研修関係者1人。接触者は同居家族1人で、研修関係者を調査している。

523回の閲覧0件のコメント