御浜町の海岸浸食視察 三ツ矢衆院議員 浅里の地すべりも

 三重4区選出の三ツ矢憲生衆議院議員は14日、御浜町の七里御浜海岸や、紀宝町浅里で発生した地すべりの現地視察を行った。

 視察には三重県議会の服部富男副議長が同行した。御浜町では阿田和の七里御浜海岸で大畑覚町長が危機的な浸食状況を説明。県に対して養浜や堤防整備、近畿自然歩道の復旧、三重森林管理署に対して枯れた国有林の再生をそれぞれ強く要望した。三ツ矢衆院議員には国直轄での事業化を求めた。

 県からは阿田和と山地地区の養浜および堤防整備に関し、災害による被害の大きさや経済効果などを総合的に勘案して準備を進め、自然歩道の復旧・再整備を早期に実施するとの説明があった。下市木地区の堤防整備は令和4年度に完了するよう進めているという。三重森林管理署では枯れた危険木の伐倒を進め、町の協力を得ながら植え付けなども行っていくという。


28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、