御浜町の民児委員 下田さんへ褒章伝達

 令和2年春の褒章で藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を受章した、御浜町阿田和の民生・児童委員、下田鈴さん(73)への褒章伝達式が29日、同町役場であった。下田さんが大畑覚町長から桜の花で彩られた「褒章」の二文字が描かれた藍色のメダルを受け取り、「大変びっくりしています。たくさんの人に感謝」と話した。

 春の褒章は毎年4月29日付で発令されるもので、様々な分野で功績をあげたり業績を残したりした人を対象に天皇から授与される。今回、下田さんが受章した藍綬のほかに、紅綬、緑綬、黄綬、紫綬、紺綬があり、それぞれに対応した色のメダルが授与される。また、対象者が団体の場合は褒状(ほうじょう)、過去に受章歴のある人が再び同種の褒章を受章する場合は飾版(しょくはん)という金属製の飾り板が贈られる。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.